エコエストジャパン株式会社|アースクリーン|油吸着マット|燃料添加剤|油処理剤|バッテリー補充液|大阪府|守口市

qrcode.png
http://www.ecoestjapan-product.jp/
モバイルサイトにアクセス!
006505
 

アースクリーンの特徴

 

流出油に対する作業手順

流出油に対する作業手順
 
1、オイルフェンスで拡散を防止する。
2、吸着マットで、できるだけ吸収する。
3、アースクリーンでの残油処理作業
 
※いずれの場合も希釈しないと効果がでませんのでご注意ください。
 
河川・分離層での場合
1、油回収後、30~50倍の希釈液を散布(高圧洗浄機を使用すると効果的)
2、油紋・油膜が消えればOKです(消えない時は2~3回散布作業を繰り返してください)
 
 
土壌の場合
1、20倍の希釈液を回収出来なかった油量の2~3倍散布し、同量の水を散布
2、上記作業を一日2~3回、3~4日繰り返してください(土壌を攪拌すると効果的です)
 
コンクリート・アスファルトの場合
5~10倍の希釈液を回収できなかった油量の2~3倍散布し、ブラシ等でこすり洗い後、水で流してください。
油紋・油膜が消えない時は上記作業を2~3回繰り返してください。高圧洗浄機での作業では20倍の希釈液でも効果があります。
 
ブラッシングの場合
希釈倍率 10~30倍

1、バケツや専用容器に原液を入れ洗浄液を作る
2、汚れた部分に洗浄液を散布する
3、デッキブラシ等で、汚れた部分をブラッシングする
4、多量の水ですすぎ流す
 
高圧洗浄の場合
希釈倍率30~50倍

1、油吸着マットで、出来る限り油を回収する
2、容器に原液を入れ30~50倍の水で薄める
3、洗浄機をセットし、流出した部分をなぞる様に、水面なら叩く様にして油を混和させる
 
希釈液使用量の目安
流出油の種類 希釈液使用量の目安
原油・重油 油の約5倍以上
軽油・カソリン・灯油 油の約3倍以上
潤滑油など 油の約3倍以上
 
・希釈倍率の見方は、流出した油量の3~5倍のアースクリーン希釈液が必要です。
安全データーシート及びラボテストのデーターが必要な場合はお問い合わせ下さい。
・希釈水は河川水、海水、泥水、油混じりの現場の水等、いずれでも可能です。
・使用前にオイル吸着マットで油を回収すると効果的です。
 
 
附則
1、現在、中和剤等での河川、湖沼、田畑での流出油処理は地方条例上出来なくなっている状況です。
  流出した場合は河川敷等の責任者の判断が必要となりますので、個人の判断での使用は罰則の対象と
  なりますので注意が必要です。
2、上記の詳細は各自治体、消防署にお尋ね下さい。
 

従来の洗剤との比較

従来の洗剤との比較
 
比較項目 従来の洗剤 アースクリーン
油の物性 高分子状態を維持
自然分解がしにくく、油が腐敗し悪臭を発生
スポンジやたわしに油分が残る
微細化
自然分解され油が残らない為、悪臭の発生を抑えられる
スポンジやたわしに油分が残らない
発泡性
すすぎ時間・水量 大
低発泡性
すすぎ時間・水量 少
自然分解性 難分解 生分解しやすい
水素イオン濃度 一般にアルカリ性 中性
臭い 一部香料入り 無臭
一部着色剤入り 無色
界面活性剤 20~70% 5.5%以下
人体への影響 肌荒れ、爪割れ 無害
施設への影響 排水管、桝、側溝での詰まり
オイルボールの発生
排水管、桝、側溝での詰まり解消
オイルボールの発生無し
 

従来の中和剤との比較

従来の中和剤との比較
 
比較項目 従来の洗剤 アースクリーン
価格・使用方法 安いが原液で使用 10倍以上希釈の為経済的
中和の状態 白濁・乳化し、油分の再凝集がある 水中に分散し、再凝集しない
舗装・塗装面への影響 舗装面をボロボロにする
塗装面を剥離させる
無し
備蓄量石油生成品の為、消防法上
一定量以上の備蓄不可
要届出
制限無し・届出不要
<<エコエストジャパン株式会社>> 〒570-0047 大阪府守口市寺方元町3-4-10 TEL:06-6992-3313 FAX:06-6992-3358