エコエストジャパン株式会社|アースクリーン|油吸着マット|燃料添加剤|油処理剤|バッテリー補充液|大阪府|守口市

qrcode.png
http://www.ecoestjapan-product.jp/
モバイルサイトにアクセス!
006505
 

図解でわかるアースクリーン

 

油分散の仕組み

油分散の仕組み
 
 

一般品

一般品
 
汚れや油も高分子状態のまま洗浄分子で除去しようとするため、当然界面活性剤量が多く必要となる。
汚れや油も高分子状態のまま洗浄分子で除去しようとするため、当然界面活性剤量が多く必要となる。
 
汚れや油の粒子が大きいため油紋や再付着、オイルボールの発生などにより、『油の二次汚染』を引き起こす。
汚れや油の粒子が大きいため油紋や再付着、オイルボールの発生などにより、『油の二次汚染』を引き起こす。
 

アースクリーン

アースクリーン
 
汚れや油を微細化(微粒子化)してから除去するため、界面活性剤量が少量で済む。
汚れや油を微細化(微粒子化)してから除去するため、界面活性剤量が少量で済む。
 
汚れや油が微細化するため、その分子間に水が入ると分子間距離が広がるため再結合できず、油紋やオイルボール、再付着ができない状態になる。
汚れや油が微細化するため、その分子間に水が入ると分子間距離が広がるため再結合できず、油紋やオイルボール、再付着ができない状態になる。
 

アースクリーンの簡単作業手順

アースクリーンの簡単作業手順
 
コンクリート・アスファルトの場合

(1)5~10倍に薄めた希釈液を作ります。

 

(2)漏油に希釈液を撒布します。

 

(3)ブラッシングします。

 

(4)洗浄後に水で流して完了です。
油を微細化することにより、自然分解が促進されます。
グリストラップの汚れも軽減されます。

 
土壌の場合
(1)30~40倍に薄めた、漏油の3倍の量の希釈液を作り、土壌に散布します。
 

(2)土壌をかき混ぜ、油と希釈液を混ぜます。

 

(3)大量の水を散布します。
以上の作業を日に2~3度行い、これを2~3日繰り返します。

 
ウェス・機械部品の場合

(1)5~10倍に薄めた希釈液を作ります。

 

(2)廃油をウエスに付けてみました。

 

(3)普通に擦り洗いをします。

 

(4)この通り、油分は綺麗に取れました。
軍手などの場合はは、20倍希釈でバケツ等に漬けておくと便利です。

 
手洗いの場合

(1)使用前

 

(2)10~20倍に薄めた希釈液で洗います。

 
(3)中性洗剤なので、手荒れなどの肌への影響は少なくなります。
 

(4)水面に浮いた油分は、べたつき感がなくなります。

 
側溝・水上の場合

(1)使用前

 
(2)20~30倍に薄めた希釈液を吹きかけるだけで、油紋が素早く消滅します。
油を微細化することにより、自然分解が促進されます。
グリストラップの汚れも軽減されます。
<<エコエストジャパン株式会社>> 〒570-0047 大阪府守口市寺方元町3-4-10 TEL:06-6992-3313 FAX:06-6992-3358